ツアーQ&A


ツアーに関するQ&A (よくある質問)

 四万十川の特徴とその魅力について教えてください。

 こちらのページをご覧ください。

ツアー内容について

 アークネイチャーガイドツアーの特徴について教えてください。

 アークネイチャーガイドツアーは、「四万十川カヌー&川遊び」を中心に、

四万十の自然をガイドが案内する、「少人数制の自然体験型ツアー」です。

大型連休や夏休みなどの繁忙期も、少人数制のツアーを行っています。

(ゲストの皆さんに、フィールドをたっぷりと、

ツアーをのんびりと、楽しんでいただくために)

1ディ以上のツアーは、ツーリングや川遊びをする時間が沢山あります。

・川を下りながら、途中の川原で、お昼、お茶、川遊びをしていきます(リバーピクニック)。

・少人数制なので、コース、時間、遊び方など、柔軟な対応が可能です。

・エコツアーガイドのスタイルを取り入れてます


 他の施設との大きな違いは?

 ・少人数制をコンセプトにしているアークツアーでは、

カヌー、川遊び、自然をのんびりと楽しめ、ゆったりと時間をすごせます。  

(繁忙期でも、他の大きな施設のように、何十艇で一気に下ることはありません)

 

*半日のツアーは、3時間~3時間30分のショートコースです(夏場は、川遊び有り)。

*夏の1ディ以上のカヌーツアーの場合。

水温が高い6月半ば~9月の半ばは、

透明度高い支流でのシュノーケリング、手長エビ採り、

沈下橋飛び込みなど、川遊びもたっぷりとします。

*秋~春の1ディ以上のカヌーツアーの場合。

途中の川原で、暖かいお茶を飲んだり、風に吹かれたり、のんびりと時間を使います。

*ツアーが少人数制なのは、

1度のツアーでフィールドにかかる負担を少なくするという理由もあります。

*繁忙期以外の週末や平日のツアーは、ほぼプライベートツアーとなります。

*コースや下る距離は、水量や天候などの状態によっては、変更することがあります。



 カヌーとカヤックの違いを教えてください?

 日本では、カヌーという呼び方は総称として使われる事が多いです。

カナディアンカヌーは、シングルブレードパドル(漕ぐ面が一つ、オープンデッキ)

カヤックは、ダブルブレードパドル(漕ぐ面が2つ)を使用する艇。

カヤックは 

・リバーカヤック ・シーカヤック ・折り畳みカヤック

・インフレータブルカヤック(ゴムカヌー)などの種類があります。

*欧米では、カナディアンカヌーをカヌーを呼ぶようです。 

カヤック

カヤック

カナディアンイメージ

カナディアン

Q カヌーやカヤックは、初めてなのですが・・・

 ほとんどのゲストの方が、カヌー&カヤック初心者です。

カヌーに乗る前に、「パドルの漕ぎ方、乗り方、沈した時の脱出の方法」を教えます。

その後、流れが緩やかな場所で練習をしてから、川を下ります。

*ツアーで使うコースは、基本的に流れが緩やかで、人工的な障害物が少ないコースです。

初心者の方でも、充分に楽しんで下れるコースです。

*コースよっては、波の高い瀬もあります。ゲストの中には、「沈」する方もいます。

四万十川は、年間平均水温が高い川で、真夏の川面の水温は、30度前後。

真夏は、沈して流されても、気持ち良いくらいの水温です。(GWは21~23度位)

Q 2人艇で下りたいのですが?

A アークでは、2人艇は、カナディアン、2人乗りシーカヤックを用意しています。

基本的に一人乗りカヤックは、10才以上(140cm)前後からです。

*アークには、ボリュームが小さい子供用カヤック1艇有り、130cm位~。

一人乗りカヤックが無理な方は、ガイドと組んで2人乗りで下ります。

Q 親子や夫婦などで組み、2人艇で下りたいのですが?

 2人艇の後部漕者は、主導権と舵を取り、前部漕者は、主に漕ぐだけです

(カナディアンの舵取りは、Jストロークなど、特殊な漕ぎ方を要します)

後部漕者が初心者の場合。

・急流の中で舵をとる。・とろ場のきつい向かい風の中(夏場)を漕ぐ。

そのため後部漕者は、結構な体力&技術を要します。

大抵の場合、ひたすら漕ぐだけとなり、景色や水をのんびり楽しむ余裕が無くなりがちです。

(前と後ろで息が合わず、険悪なムードとなることも・・・)

従って、後部漕者は経験者であるほうが、より楽しめます。

アークでは舵取り経験の無い方には、軽快で自由度が高い、一人乗りを勧めています。

*もちろん、2人艇の漕ぎ方を覚えたい方は、オーケーです。

申し込み時、「2人乗り」をご指定ください。


Q 一人乗りが無理な、子供、大人がいて、2人艇が必要な場合は?

 その場合は、2人艇の後部舵取りは、ガイドが担当します。

ぜひ、一人乗りカヤックの、自由度の高さ、軽快さ、気ままさを存分に楽しんでください。


ツアースケジュール(1日 Aコースの場合)

 カヌー館集合後、徒歩にてカヌースタート地点に移動(乗り場近くの道の駅でお昼を購入)

 乗り場で簡単な講習後、とろ場(乗り場~上流のとろ場)で練習&休憩後、ツーリングへ

 4キロほど下り、川原にて昼食(夏季は支流目黒川でお昼&川遊び。1時間~2時間ほど)

 さらに4キロほど下り、岩間沈下橋でゴール(水量等により11キロ、15キロ下ることも)

 こちらの車でカヌー館まで戻り、解散(その後着替え)



装備、昼食などついて

 ツアー料金に含まれるものを教えてください?

 ・カヌーやキャンプ用具など、装備一式 ・ガイド料 ・保険料(国内旅行障害保険)

・消費税 ・お茶、コーヒー、紅茶、凍らせた飲み物(夏場)スープ(寒い時)など。

*夏場は、水中眼鏡&シュノーケル、エビたもなどの川遊び道具。

ガイドが撮ったデジカメ画像(希望者のみ) (個人情報の保護のため)

 画像は、CDに焼いて郵送。無料です。

*キャンプツアーの場合 1泊は3食、2泊は6食の食事付。酒&風呂代は別途。

*1日コースの昼食は、ツアー料金に含まれていません。

*半日コースの料金に含まれるもの ・保険 ・装備一式 ・お茶 ・ガイド料 ・税込

 1日コースの昼食は現地で購入できますか?

 ツアーが江川崎スタートの場合。(Aコース)

ツアー集合後、カヌースタート地点の道の駅で買えます。

 *こちらで簡単な昼食を用意出来ることもあります。

 ツアー料金+1000円(一人) お問い合わせください。


 ツアーが口屋内スタートの場合。(Bコース)

口屋内村では昼食の販売はありません。

・江川崎村や中村市内など、道中の店や直販所で購入してくる。

・あらかじめ前泊の宿泊施設に頼んでおいて、おにぎりなどを作ってもらうなど。

*口屋内村の食堂で昼食をとることも可能です。お問い合わせください。


 1日のカヌーツアーに持っていける物は?

A ツアーに持っていける物は、

基本的に ・昼食 ・飲み物 ・小銭 ・合羽等、コンパクトなものだけです。

*車のキーなど、貴重品はこちらで預かります。

カメラは防水仕様のものなら可。こちらでも、ガイドがゲストの様子を撮ります。

その画像は、ツアー終了後希望者の方に、CDに焼いて郵送します。(無料)

*ゲストが5名位までで、ガイドが1人の場合。

昼食は、荷室付きのカヤックのハッチに積むか、カナディアンに積んで下ります。

合羽や飲み物は各自の艇に積みます。

*ゲストが5名以上で、伴走車が走る場合。

昼食や荷物は、伴走車に積んだクーラーボックスなどに預けます。

Q メガネやコンタクトの場合は?

A メガネの場合は、沈した時に紛失しないよう、メガネバンドを付けてください。

コンタクトの場合は、ゴーグルを付けるか、替えのコンタクトを用意ください。

*初夏~初秋は、紫外線が大変強いです。日焼けクリームや帽子などで紫外線対策をしてください。

帽子は、ヘルメットの下に被れます。

*足元は、踵の止まるサンダル、やウオーターシューズ、薄底のスニーカーなど。


集合場所などについて

Q 集合場所に、トイレや着替える場所はありますか。またゴール後の移動は?

A トイレは、集合場所、スタート地点、コース途中、ゴール地点にあります。

Aコースの集合&解散場所であるカヌー館には、更衣室、シャワー室、ロッカーも有り。

*更衣室がない集合場所での着替えは、簡易更衣室(着替え用テント)、トイレ、車内、茂みなどで

ツアー集合時には、(あらかじめ宿などで着替えて)着替えが済んでいると、ベターです。

カヌーゴール後は、こちらの車で集合場所まで帰り解散(その後着替え)。

Q 中村市内から江川崎村までの所要時間を教えてください?

A 中村市内から江川崎まで、車で50分程です。

四万十川沿いの国道441号は、

口屋内村手前から江川崎まで、対向車とのすれ違いが困難な狭路多しです。

狭い国道を、平日は大型トラックやダンプも走ってます。くれぐれも、車の運転は慎重に。

中村市内~江川崎村まで、バスは1日、3本です。西南交通をご覧ください。

江川崎駅~カヌー館まで、徒歩20分。

*ツアーの日程、ゲスト参加状況によっては、

こちらで中村駅や江川崎駅までの送迎が可能な場合もあります。ご相談ください。

Q ツアーのキャンセル、中止等について教えてください?

A ツアー中止について

荒天、増水などフィールドの状況により、ツアー内容の変更及び中止となる場合がございます。

変更及び中止の場合は前日、または当日午前7時までに当方から連絡いたします。

なお、参加者の都合によるツアー直前のキャンセルにはキャンセル料がかかることがあります。

* キャンセル料の発生  ・GW期間  ・子どもたちの夏休み期間

上記の期間以外&増水や悪天候によるツアー中止時には、キャンセル料は発生しません。

*自然相手 要予約 少人数制のツアーです ご了承ください


キャンセル料

* キャンセル料の発生 ・GW期間 ・子どもたちの夏休み期間 

上記の期間以外&増水や悪天候による直前のツアー中止時には、キャンセル料は発生しません。

・2日前 ツアー料金の50% ・前日 ツアー料金の80% ・当日 ツアー料金の100%

(キャンプツアー予約の場合のみ、6日前~3日前 ツアー料金の30%)