服装について

カヌー乗艇時
原則として水に濡れてよい服装です。

夏季
下半身・短パン・ウオーターショーツなど
上半身・Tシャツ・ラッシュガードなど 

*紫外線対策にはレギンスや長袖を
夏でも雨具やウインドブレーカー等は必携です(雨や風などで体温が奪われるのを防ぐため)
*紫外線対策として・帽子(ヘルメットの下に被れます)・日焼け止めクリーム・サングラス


4月~6月 9月半ば~11月
カヌーの服装は基本的に雨天時を想定して用意するとベターです。
薄手のものを重ね着し(レイヤード)天候や気温によって、
脱いだり着たりして調整します(脱いだものは、カヌーに積めます)。

晴天時 
下半身・短パン・ウオーターショーツ・長パンツ*水着や速乾性の下着をベースに
上半身・Tシャツ・長袖のシャツ・ラッシュガード

気温が低い時は+ ミドル(上) 薄手のフリース
アウター(上下) ウインドブレーカーorレインウェア(カヤックに積めます)
*レインウェアは(晴れ予報でも)お持ちください 。         

*この季節から紫外線がきつくなります。        
・帽子(ヘルメットの下に被れます)・日焼け止めクリーム・サングラスなどで紫外線対策を。

雨天時(晴天時より気温はぐっと低く15度~20度ほど)
インナー 水着or下着(速乾性のものがベター)         
その上に、薄手の長袖シャツ&タイツ(速乾性のものがベター)
ミドル(上) 中厚手のフリースor中厚手のシャツ    
ミドル下半身 薄手のタイツの上に短パンなど
アウター上下 レインウェア

*インナーは、お手持ちの衣類で代用できますが、
一番外に着るレインウェアは防水性の高いものをおススメします。


冬~早春
冬~早春は上記(春秋雨天時)のミドルウェアを厚くします

ミドル上半身・厚手フリースの上に中綿入りウインドブレーカー(中綿入りパーカー)
ミドル下半身・薄手のタイツの上に中綿入り長パンツ
アウター上下・レインウェア 

*保温性のあるキャップ・ネックゲーター・グローブは、こちらで用意します。
*冬~早春のツアーは、「リバーツーリングジャケット」付き(ツアー料金に含まれます)。


足元 
履物は・薄底のスニーカー・ベルト付きのサンダル(クロックスのような)
・ウオーターシューズ等、脱げにくいもの(つま先が保護されるタイプのものがベター)

その他
・保険証のコピー(無くても可)・帽子・着替え・タオル
眼鏡使用のかたは眼鏡バンドor使い捨てコンタクトをご用意ください。
(コンタクトは、予備をお持ちください)

*春~秋のフィールドは紫外線が大変強いです。
帽子、クリーム、サングラスなどで、紫外線対策をしてください。

*カヤックに積める荷物 カヤック(シングル)は荷物を積むスペースは極めて狭いです。
積めるものはペットボトルや合羽など、コンパクトなものだけです。

*昼食は荷室付きカヤックに積むか、こちらで預かります。
貴重品もこちらで預かります。


キャンプコース
カヌー、キャンプ用具一式、食事、食事用具はこちらで用意いたします。
着替え、雨具、替えの靴、洗面用具、ライト、軍手、虫除け等をご用意ください。

*春、秋のキャンプ時は冷えこむ日も多いです。
就寝時にシュラフ(薄手のシュラフ)に入って寒くないような着替えをご用意ください。